「選択すれば、成し遂げられる」–。李承憲氏の脳教育でパワーブレインへ


世界的な脳教育者、一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏は、どんな人の脳にも、偉大なことを成し遂げるパワーが備わっているといいます。ただ、物事を成し遂げるためには、脳にしっかりと「目標」を認識させる必要があります。大事なのは、その目標の中身です。

李承憲氏によると、目標が生産的、創造的、平和的なものなのか、それとも支配や欲望に導かれた利己的なものなのかによって、脳の働きは大きく変わります。脳は生産的、創造的、平和的な使い方をするとき、本来の能力を発揮し、健康で幸せな人生を創造する役割を果たしてくれます。

脳の活躍を邪魔するのが、ネガティブな情報です。「私は何をやってもだめだ」「あなたのせいで、私の人生はうまくいかない」といった後ろ向きの考えに支配されたとき、脳は誤作動を起こします。一方、「自分はできる」というポジティブな情報で満たされると、脳は成長します。大事なのは「選択」であり、まさに「選択すれば、成し遂げられる」(李承憲氏)のです。

脳教育のトレーニングを行うと、脳の中の濁ったエネルギーが自然に外へ流れます。そして、新鮮なエネルギーが体の中に入り込み、ネガティブな考えや感情から解放され、正しい選択ができるようになります。正しい選択をするとき、何をすべきか知っていながら行動に移せなかった弱い脳(ダークブレイン)は、自ら決断し、それを実行できる創造的なパワーブレインへと切り替わります。