李承憲氏が語る「ライフ・パーティクル」~夢の実現のカギとなる粒子


脳教育者、一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏は三十数年前、脳教育を世に広めるという使命に目覚め、それ以来、トレーニング法の研究・開発を続けてきました。これまでに様々な瞑想法や脳トレを編み出し、脳波振動(ネッパジンドン)などのエクササイズを世界各地に普及させました。

そんな李承憲氏の近年の講演会などでよく紹介しているのが、「ライフ・パーティクル」という考え方です。ライフ・パーティクルとは、宇宙を構成する最も基本的な粒子で、情報と生命を伝達する最小単位の粒子だといいます。

李承憲氏によると、ライフ・パーティクルは限りなく多様な周波数で振動し、多様に集まっては散らばる無数の生命現象をつくり出しています。「可視的な物質世界から不可視的な精神世界に至るまでの全宇宙を埋め尽くしていて、時間と空間に制約されず、どこへでも、いつでも自由に移動できる」(李承憲氏)という特性も持っています。

ライフ・パーティクルは、李承憲氏が瞑想を通じて得た洞察と直観よりもたらされたコンセプトであり、科学的に立証する方法はないものの、「いつの日か、未来科学が同じ発見に到達することを望むとともに、そうなると信じている」と、著書『セドナ・メッセージ』で語っています。

このライフ・パーティクルが集まってつくり上げるのが「ブレインスクリーン」です。ブレインスクリーンは、私たちの精神活動が行なわれる無限の内的空間として活躍する存在です。ブレインスクリーンで描かれたイメージがライフ・パーティクルを通じて脳内に反映されます。ライフ・パーティクルの力を得た脳は、自らの夢や願いを実現するために懸命に働いてくれます。まさに、自己実現のカギを握るのが、ライフ・パーティクルなのです。