李承憲氏にとって人生初の「創造体験」とは


脳教育者、一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏は、人間の持つ欲求の中で最も大事なのが、「創造したい」という意欲だと言います。食欲、性欲、物欲が満たされても、創造性が死んでいる人は内面の満足を感じられません。虚しさに陥ります。

創造性が大事である理由は、創造性が人間の精神の最も大きな部分だからです。李承憲氏によると、創造性はだれにも生まれつき備わっており、創造性のない脳はひとつもありません。

李承憲氏の人生の最初の創造は、大学入試に失敗を繰り返して二浪している時に起こったといいます。つらい勉強の代わりにテコンドーや合気道に熱中していた頃、ある日、運動して帰る道すがら、村の一角に以前から積み上げてあった大きなゴミの山を見て、自分が片付けなければならないと思い立ったそうです。

それから1か月、李承憲氏は毎日ゴミを片付け、さらに、ゴミを肥やしにして山の上にかぼちゃを植えました。やがてかぼちゃの蔓は山の峠をすべて覆い尽くすようになったといいます。この体験をきっかけに、自信を回復し、勉強の意欲も取り戻し、翌年、大学に合格しました。ゴミを片付けてかぼちゃを作ることは、まさに「創造」だったのです。

創造性を発揮できずにいる人は多いです。しかし、李承憲氏によると、それは創造性がないのでなく、眠っているか、抑圧されているだけです。それを呼び覚ませばいいのです。

創造性を発揮するカギは、「意志」です。意志を出す瞬間、エンジンがかかります。創造のエンジンが止まらないように意志を折らないことが大切です。