ソーラーボディが、持続可能な地球文化をつくる


脳教育者、一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏は、ソーラーボディになって自然治癒力と人間性を回復することは「平和で持続可能な新しい地球文化のための素晴らしい種になる」(著書『ソーラーボディ』)と言います。

現在の人類の行動の大部分は、自らを快適にすることを目的としています。しかし、このような行動で得られた満足感は、持続するのが難しいです。それは、地球にダメージを与えるからです。

快楽に基づく満足を得ると、より強い刺激を求めるようになり、その過程でより多くのエネルギーと資源を消費し、廃棄物を出します。これは地球にとっては大きなストレスです。より大きな満足を得ようと刺激を求め、大気を汚染させ、産業廃棄物をまき散らし、地球を消費し尽くしている—。それが今の人類の姿です。

李承憲氏によると、ソーラーボディを得ると、「調和とバランスの取れたエネルギーの感覚」が回復されます。すると、「刺激」と「満足」を中心に回る生活全般が変化します。ソーラーボディを持った人が増えることで、地球自体の自然治癒力が高まり、それが私たちの幸福となって返ってきます。

一人一人に起こる変化は小さなことかも知れません。電車で隣に座った人に笑顔で挨拶したり、コンピューター作業で疲れた同僚の肩を揉んであげたり・・・。このように穏やかで静かな変化の積み重ねが、より大きな変化をもたらします。内面の変化を通して、日常生活の中での選択が変わり、あなたが感じた変化を周りの人々と共有したいという情熱が生まれるでしょう。あなたと私のような平凡な人々が、その情熱に従い行動することから始まるこの変化で、より美しい世界を共に作っていきませんか。