良心の力


良心は、人間にまつわる大きな神秘の一つです。心理学や哲学だけでなく、経済学、政治学、法学など様々な学問においても、「良心」は重要なテーマとされてきました。

人間の良心で驚くべき点は、すべての人がそれを持っているということです。生活環境や経歴などに関係なく、だれしもが良心を有すると言う事実は、深い考察に値します。

自分の損になると分かっていても、あえて正直を貫く人がいるのはどうしてでしょうか?良心の声に従わないと、なぜ私たちは居心地が悪くなったり、苦痛にさえ感じたりするのでしょうか? 東日本大震災の後、なぜあれほど多くの人が、原発の近くで危険をかえりみずにボランティア活動に従事したのでしょうか?

それは、良心は私たちすべてが内面に有する絶対的真実性であり、生存本能を越えて存在する「神性」の核だからです。良心は人間の本質であるため、あえて、それを認識することはありません。良心はただ、そこにあるのです。

人を傷つけるようなことを言おうとしたり、しようとしたり、あるいは考えたりするだけでも、警告の小さな声が聞こえます。それは良心の力です。良心の声を無視することはあるかも知れませんが、その存在を否定することはできません。

ベルギーの詩人でノーベル文学賞を受賞したモーリス・メーテルリンクは「良い行いはそれ自体が幸せの行為だ」と述べています。人の偉大さや幸福度は、良心に従うことを選ぶかどうかによって決まります。