言葉の限界


心の奥深くで感じる微妙な気持ちや感情を表現するのに、言葉の限界に直面することはありませんか?自分の心の奥深くにある何かを言葉にできなくて、悔しい思いをした経験はありませんか?

多くの精神的な伝統は、言語の枠内で認識することの限界を理解してきました。例えば禅は、名称をつけたり、考えたりすることなく、物事を直接見ることを志向しています。思考や心の中のおしゃべりを止めることで、人は存在のより深みを見ることができ、真実により近づくことができるとしています。

禅以外の偉大な教えも、しばしば言葉抜きで伝えられてきました。釈迦は約2500年前、優しい微笑み、あるいは花を持ち上げるといった簡素な行動で教えを表現しました。

歴史をふりかえると、真理は最初から言葉として存在するのではなく、まず視覚か感覚で捉え、その後、他の人に伝えるための手段として言葉で表現されてきたのです。

真実を言葉で表現することは時には可能です。しかし、その場合、言葉を真実へと昇華させてくれるのは、言葉そのものではなく、話し手が話した言葉の振動の力であり、周囲の環境の生き生きとした反応です。

言葉は私たちの日々の生活で役に立つものではありますが、真理の水を蓄える器としては小さすぎ、真理の流れを受ける止める網としては目が粗過ぎるのです。