瞑想を通じて、本当の自分を認識することができます


瞑想をすることは、身体にとっても心にとっても
とてもよい結果をもたらしてくれます。
身体と心はつながっていますし、丹田呼吸をすることで、
身体も心も平穏な状態になります。

李承憲氏が、瞑想法について説明しています。

「瞑想は心を平穏にする道具で、瞑想によって自分をさらに明確に見ることができます。大部分の瞑想をこのようなものと思っているかもしれません。しかし、多くの人が気づいていないこともあります。瞑想は私たちの意識が目覚めているとき、自然に起こる現象ということです
究極的に、瞑想とは他の角度の意識で自分をうかがい見る過程をいうのです。それはつまり、自己がない状態で行う方法です」

「現在を認識するようになると、瞑想は自分とこの現在という瞬間を分離する過程へと移ります」

李承憲氏が教えてくれる瞑想法は、現在の自分から分離して、他の角度の意識から
自分を見つめることでもあります。
瞑想を通じて、本当の自我を悟ることができるようになるのです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳がわかると人生は変わる』 ビジネス社、2007年発行、43~44ページより引用