年齢を言い訳にせず、脳をトレーニングしましょう


日本人の平均寿命は依然として世界一を記録しています。
長い人生を、最後まで元気に生きることが人類共通の目標となっています。

脳がいつまでも元気に活動するように、脳を上手にトレーニングすることで
年を取ってからも、元気に生きることができます。

李承憲氏が、脳の可能性をこう表現しています。

「私たちの観念は、心、思考、肉体など、さまざまな事物を規定しています。
しかし、私は年齢に関係なく、その規定、つまり限界を跳び越えるようにと激励したいと思います。
私がいう限界には、『自分自身』と『私はできない』という限定や諦めの気持ちも含まれます」

李承憲氏の言葉にもありますが、
年齢を重ねている人でも限界を越えることは不可能ではありません。
最初から「どうせ私にはできない」と諦めるよりも、
自分にもできるのだと思って脳をトレーニングしましょう。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳がわかると人生は変わる』 ビジネス社、2007年発行、152ページより引用