すべての人を尊重し、みんなのためになることを心がけましょう


頭の回転が早くて、エネルギッシュに活躍している人を見かけると、刺激になりますね。
影響されて、自分も頑張らなくては……と、ポジティブな気分になれます。

脳を活発に動かして活躍している人をよく観察すると、わかってくることがあります。
自分のことばかりを考えているのではなく、周囲のこともよく考えているということです。
『すべての人にとってプラスになることを考える』
それが、いちばんの成功哲学だと意識しているようですね。

李承憲氏も次のようなことを語っています。

「脳の主として生きている人は、自分と同じように、他人もまた、偉大で尊い存在であることを認めています。すべてとひとつにつながっている自分を再認識するとき、多くの問題や葛藤を解決することができます」

李承憲氏は、自分も全体の一部であることを悟り、すべての人々を尊重することで、
多くの問題を解決していけると説明しています。
全体の利益になることを考えるのは重要なことなのです。
それは、自分にとっても利益となり、
人生における成功哲学となっていくはずです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳波振動』 講談社、
2009年発行、102~103ページより引用