適切なトレーニングを行うことで、脳を柔軟にすることができます


子供の教育のポイントは、自由な発想や創造性を育てることだと言われています。

自由な発想や創造性を求めるのは、学校に限ったことではありません。
創造性に富んだ人材を求める企業が増えています。
創造性を養うためさまざまな脳のトレーニングに励む人が増えています。

実際の話、年をとっても、脳を活性化して創造性を養うことは可能です。
適切なトレーニングを重ねることで、脳は柔軟になるのです。

李承憲氏が脳の仕組みについて解説しています。

「脳は指を曲げることから、にこっと微笑むことまで、人間が行なうすべての動きを制御します。
それぞれの動きは特定の脳の部位と相互に関連を結んでいます。脳は部位ごとにつながって
いるそれぞれの体の部位に刺激を与えます」

李承憲氏が脳と体の関係を簡潔に教えてくれていますが、
体の中で、普段あまり使わない部位を動かすと、脳に新たな刺激が生まれます。
体を動かすトレーニングを活用すれば、脳を刺激して柔軟にすることができます。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳がわかると人生は変わる』 ビジネス社、
2007年発行、153ページより引用