ありのままの自分を眺めることを覚えましょう


物事を客観的に見ることは、的確な判断を下す上でとても大切なことですね。

人生では、ときには悲しみや怒りに感情を支配されてしまうこともありますが、
どんなときでも否定的な感情に捕らわれず、自分を客観的に見ることが大切です。
自分が否定的な感情に捕らわれていることに気づけば、
それを払いのけることもできるようになります。
ありのままの自分を見ることで、自分の感情をコントロールできます。
これは、誰でも実践できる成功哲学なのです。

李承憲氏も、自分を客観的に見ることについて次のように語っています。

「ありのままの自分を眺められたら、脳回路に固定されている枠、すなわち偏見で
埋め尽くされている思考の閉鎖回路から抜け出すことができるのです」

李承憲氏は、ありのままの自分を見ることができれば、
閉鎖的な思考から解放されると教えてくれています。
自分を客観視することで、脳は解放されます。
脳回路の固定枠を破ることは、誰にとっても共通の成功哲学となります。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳波振動』 講談社、2009年発行、43ページより引用