体調が悪いときは、まず生活の見直しを行いましょう


「体の不具合を感じるようになったら、この一週間の生活を振り返ってみるとよいのです。運動不足や睡眠不足ではないか、過食や飲み過ぎで胃腸を酷使したのではないか、様々なストレスや喫煙など、生活習慣病の要因となるアンバランスな生活を送っていなかったかについて、まず自己点検を行ってください」

李承憲氏が、体調が悪いときに、医者に行く前に何を行うべきかを説明しています。

米国では医療制度に破綻が生じて以来、病院に行かなくて済むように
日常の生活で気をつける傾向が出ていることがニュースになっています。
これは他人事ではありません。
健康を専門家に任せきりにせず、自分で管理できるようになることは
人生を充実させ、さまざまな夢を実現させていく上で重要です。
健康を守るだけではありません。
生活管理能力は、あらゆる夢を叶える上で大きな土台となるはずです。

李承憲氏は、そのことも見据えて、自分の体調について自己点検を行うことを
推奨しています。
体調を管理できるようになることは、人生を成功させる上で第一歩となります。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『ジャンセンウォーキング』 講談社、2008年発行、52ページより引用