人生の質をよくしていくには、脳によい情報を与えることが鍵です


「脳にどのような情報を与え、どのようなプログラムを与えるかによって、あなたの人生の質は異なってくるのだ。よって、この地球に生まれた目的は多くの人々と同じように大雑把に生きていくことだ、とするような自己破壊的な情報は、一刻も早く消してしまおう。そしてその時その場で、あなたの価値を最も高く引き上げる情報を入力するのである」

李承憲氏が、脳が人生に及ぼす影響の大きさを説明して、
脳を活用することを推奨しています。

はっきりとした夢や目的を持って生きている人はたくさんいますが、
そうでない人もたくさんいます。規則的な生活を繰り返していくうちに、
夢や目的をだんだんと意識しなくなってしまうケースも多いといわれています。
しかし、李承憲氏も説明していますが、
脳という器官は情報やプログラムを与えられることで機能を発揮します。
その時その場にふさわしい情報を脳に入力することで、最高の成果を手にすることが
できるのです。

常に脳に有効な情報を与えるようにして、人生を豊かにしていきましょう。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『悟りの哲学』 ビジネス社、2006年発行、101~102ページより引用