深い呼吸を通じて、体や心をよい方向へ変えていきましょう


「呼吸は意識しなくてもおのずと行なわれます。しかし、自律神経の統制を受けていながらも、人体のほかの作用とは違って私たちが意識的に調節することもできるのが呼吸です。呼吸そのものほど簡単ではありませんが、呼吸を深くすることによって血圧を下げたり、心拍数を遅くしたり、脳波までも意識的に変えることが可能です。これは、私たちの体と心が互いに密接につながっているためです」

李承憲氏が、呼吸を変えることでどんなメリットがあるのか教えてくれています。

呼吸は誰でも、毎日無意識に繰り返していることですが、
最近、呼吸法を詳しく知りたいと感じて書籍を求める人も増えています。
呼吸法を変えることで、健康をはじめさまざまなメリットがあることに
人々が気づきはじめているのです。

呼吸を深くすることは、誰でもできることです。
そして、李承憲氏が書いているように、脳にも体にもよい影響を及ぼします。
毎日続けていることだからこそ、呼吸をもっと大事にして、
深くて充実した呼吸を繰り返すようにしたいものです。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『脳がわかると人生は変わる』 ビジネス社、2007年発行、40~41ページより引用