脳教育の瞑想法「ブレインスクリーン」で夢を実現しよう


脳教育で学ぶ瞑想法のテクニックの一つに、ブレインスクリーンというものがあります。ブレインスクリーンとは、脳が映し出すあなただけの「映写機」です。

目を閉じて、瞑想法を実践していると、体と心が楽になり、頭がスッキリしてきます。
散漫だった集中力が高まり、やがて「私」という意識が消え、無心の状態になります。

このとき、目の前に「光の画面」が現れます。
この画面を脳教育では「ブレインスクリーン」と呼んでいます。

ブレインスクリーンに映し出されることは、たいてい楽しいイメージです。否定的な考えや雑念は、映りません。だから、ブレインスクリーンが見えている間は、脳のコンディションが良くなり、心が安定します。

瞑想法を通じて、脳をコントロールする力が高まると、ブレインスクリーンが24時間ついた状態になります。
その結果、集中力や記憶力が高まり、優れた直感力や洞察力を持つようになります。

さらに、ブレインスクリーンに自分の願望を描けば、それが実現するようになります。ブレインスクリーンが脳の創造性をめいっぱい引き出してくれるからです。

中には「ブレインスクリーンなんて見えない」という人もいます。
無理もありません。五感の中で視覚的な部分が発達した人もいれば、聴覚、嗅覚など、他の感覚が優れている人もいるからです。

ただ、何もせずに「できない」と決めつけると結果はあらわれません。
否定的な考えを持つことに慣れていると、せっかく見えるはずのブレインスクリーンも見えなくなります。

そんなときは、脳波振動や気功などの脳教育プログラムを実践するといいでしょう。
脳教育を通じて体の感覚に集中することで、ネガティブな考えや感情が消え、瞑想法に取り組んだときにブレインスクリーンがはっきり見えるようになっていきます。

ブレインスクリーンであなたの夢を実現して下さい。