「脳の目覚めが導く平和」~李承憲氏『息する平和学』より


一指 李承憲(イルチ イスンホン)氏は、幸福と平和のために、脳の活性化、すなわち脳教育の必要性を提唱してきました。脳教育の目的は、「自分が本当に願っていることは何か?」という心の声に純粋な気持ちで耳を傾けられるようになること。そして、思い描いたビジョンを実現し、なりたい自分になることです。

著書『息する平和学』の中で、李承憲氏は次のように語っています。「パワーある脳が集まって健康な社会をつくり、健康な文明をつくる」。同著によると、パワーある脳とは、3つの特徴を備えた脳のことを指します。すなわち、「創造的」「平和的」「生産的」という3拍子がそろった脳です。

◆創造的な脳
創造的な脳とは、明るい未来を思い描く脳です。柔軟な思考と創造の力で、どんな苦難も乗り越え、道を切り開いていきます。現実に屈服することなく、一歩一歩前に進むパワーを生み出します。

◆平和的な脳
平和的な脳とは、人と調和し、人を癒すことができる脳です。周りの人や出来事との調和、さらに、自らを癒すヒーリング能力などが備わった脳は、わたしたちを平和へと導きます。

◆生産的な脳
生産的な脳は、責任感を持ち、現実に対処できる脳です。時間や資源を浪費するのではなく、地に足をつけて行動することによって、夢を叶え、願っていた自分を具現化することができます。

「平和を実現できる力を育てる最もはやい道は、自分の脳を目覚めさせて脳と対話し、脳を活性化することだ」

李承憲氏は私たちにそう語りかけます。脳教育によって脳を覚醒させ、自らの脳の主となる。その先には、平和への道標が示されているのです。