心の中にある純粋な気持ちに従って行動しましょう


忙しい中でも、少しでも満ち足りた生活を目指そうとする人は多いですね。

そのために必要なことは、どんなことでしょうか? 
何か人のためにしてあげたいと思ったときに、その気持ちを抑えずにすぐに実行することです。
どんなささいなことでも構わないのです。
たとえば、何か人のためにしてあげたいことが見つかったら、
すぐに実行するだけでも、だいぶ違うのです。
『今は忙しいから……』『人のことにかまけている余裕はないから……』
などといって抑えつけてしまうよりは、
その気持ちに忠実に動くほうが、大きな満足感を得られます。

李承憲氏もこのように語っています。

「誰かを助けようという考えが、何の下心もなく願いもなく唐突に頭のなかをかすめていくとき、
それがまさにあなたの魂があなたに声をかけた瞬間である」

李承憲氏の言葉の通り、純粋に人を助けたいと思う気持ちは重要です。
その気持ちがどんなに素晴らしい感情なのかを悟り、その気持ちに従って行動することは
格別の満足感をもたらしてくれます。
この事実を悟り、実行できるようになれば、満足できる毎日を過ごせるでしょう。

一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)著  『悟りの哲学』 ビジネス社、2006年発行、32ページより引用