李承憲氏の哲学のポイントは「地球人としての自覚」


脳教育者、一指 李承憲(イルチ イ・スンホン)氏の哲学の根幹にあるのは、「地球人」としての自覚を持つことの大切さです。私たちはふだん、自分たちのルーツが地球にあるということをあまり意識しませんが、一人ひとりが地球人としての意識を高めることで、平和が実現できると李承憲氏は言います。

国家や宗教、民族などは、いずれも地球があるからこそ存在しています。しかし、私たちは地球という共通項を忘れて、国家や宗教間の対立を続けています。

多くの人は「地球を愛している」と言います。しかし、地球を愛しているという言葉の本当の意味は何でしょうか?李承憲氏によると、地球愛とは、地球を一つの共同体として認識し、地球を守ることです。地球人として誇りを感じ、地球という共同体に対する自分の責任と役割を全うすることです。

私たちは互いに対立し競争するため地球にやってきたのではありません。平和な地球村をつくるためにやってきました。しかし、この地球は、環境や平和などで様々な問題を抱えています。これらの問題を解決できるのは、人間しかいません。その理由は、地球にさまざまな問題をもたらしたのが、人間だからです。

民族、宗教、思想、文化は、地球という中心位置から見れば、そのすべては人為的で一時的な区分です。「私は地球人だ」という自覚を持った人は、これまで自分のアイデンティティを形成してきた民族、宗教、思想、文化の限界を乗り越えることができます。これが、李承憲氏の言う地球哲学です。

「地球の平和を成し遂げられる地球上の唯一の主体は人間しかいない」。李承憲氏は、一人ひとりがそう考えるべきだと言います。人類と地球の未来が自分自身の手にかかっていることに気づき、その責任を喜んで担おうと宣言することで、私たちは無限なる創造性を発揮できるのです。

一指 李承憲著『セドナの夢』より