脳教育で、平和な脳と平和な世界を手に入れましょう


人間は、脳を使ってすべての判断を下しています。
そのため、脳はいつでも
健康な状態に保っておくことが必要です。

脳教育の目的は、自分の脳がどのような状態なのかを確かめて、
正しい状態にすることです。
脳教育によって、脳が情報に支配されないようにすることができます。
私たちは押し寄せる情報に脳を支配されてしまうことなく、
協力して平和な世界をつくっていくことができるようになるのです。

李承憲氏は、語っています。

「脳教育において最も重要視されるのは、脳の情報検索機能と情報処理機能です」

必要な情報を選び出す能力と、不要な情報を濾過することで
平和的で健康な情報につくり変えて行く能力を高めることができます。

李承憲氏の提唱する脳教育によって、
健康で平和な脳を手に入れて、健康で平和な世界を一緒につくっていきましょう。

一指 李承憲 著 『セドナの夢』 三五館出版、2011年発行、118ページより引用