「無常」を受け入れる

変化は自然の根本的な性質です。もし変わらないものが一つあるとすれば、すべては変わるという事実です。仙道ではこれを「無常」と言います。

私たちの苦しみは、永久的ではない物を永久的に所持したいと思う固執の感情からきます。人は、自分の人生だけは、無常の法則の例外になることを望むものです。自分が他者とは別個に存在する固有の実体という考えを捨てるのは容易ではありません。

でも、次のことを考えてみてください。次の二つの文章のどちらが事実でしょうか。

「私は生命を所有している」
「生命が私を所有している」

私たちはまるで自分の生命を所有しているかのように考え、行動しています。
しかし、考えてみてください。
生命は私たち自身が生み出したものでしょうか?
あなたの元にだれかがきて、生まれるための許可や同意を求めたでしょうか?
違いますよね。
あなたはただ、生まれたのです。
生まれた時、生命はそこにあったのです。

終わりはどうでしょうか?
生命は尽きる前に、誰かを送りこんで、あなたの許可や同意を求めるでしょうか?
いいえ、許可や同意どころか、何の知らせも、手がかりも与えてくれることなく、生命は消えます。

あなたの許可も同意もなくやってきて、知らせもなく消えてしまうものを、どうして自分のものと言えるのでしょうか?

生命はあなたが生み出したものではありません。生命があなたを生み出したのです。生命自体の視点からすれば、それはすべて単なる変化であり、「生まれる」こともなければ、「死ぬ」こともありません。

この事実を理解することが、「無常」を受け入れることであり、悟りの本当の始まりになります。

カテゴリー: CHANGE | 「無常」を受け入れる はコメントを受け付けていません。

「エゴの目」から「道の目」へ

「あなたは、楽観的ですか、それとも悲観的ですか?」。もし両方だと思うなら、別の尋ね方をさせて下さい。「デフォルト・モード(規定値)はどちらでしょうか?」。

いま、家の外から聞いたことのない大きな物音がしたとします。あなたが最初に思いつくのはどのようなことでしょうか?その物音は、空からお金の入ったカバンが落ちてきた音かもしれません。しかし、普通はそのような楽天的な見方はしないでしょう。

これが脳のデフォルト・モードです。心理学では「負のバイアス」として知られています。警戒の状態であり、悲観的な予測の一種です。人間に組み込まれたこの反応は決して悪いものではなく、人類は自分たちの生存を脅かす物事(ストレス)に対して自分たちを守ることを進化の過程で学んできました。

脳がいったんストレス反応モードになると、その人の関心はいかに生き残るか、勝つか、「相手」を倒すかということに集中します。このモードにおいては、私たちは皆それぞれ、異なる存在であり、他者(自分以外の世界)は潜在的脅威です。よって、彼らを倒すためには彼らより強くならなくてはなりません。

しかし、世界中でさまざまな問題が起こっている現状を目撃している私たちは、この見方が正しく妥当なものであるかを再検討しなければなりません。

相互に敵視し、脅威である別個の存在の集まりとして世界を見る目から、全体の中で分かち難くつながった存在のネットワークとして世界を見る目への転換が必要になっています。私はこれを、エゴの目から「道」(TAO)の目への転換と呼んでいます。

全てはつながっており、別個の存在というのは幻想です。私たちはバラバラの存在ではなく、全体として進化しながら生きているのです。

カテゴリー: CHANGE | 「エゴの目」から「道の目」へ はコメントを受け付けていません。

速度を落として、方向を見直そう

現在の文明が幕開けて以来、人類は物質文明の発展の道を進んできました。最初は歩いていましたが、間もなく走り出しました。走者は時代に応じて変わりましたが、走る方向は変わらないまま、走り続けています。

産業と技術、文明の発展のスピードはどんどん速まり、私たちは当然のごとく列車に乗ったままです。しかしそれは、正しい方向に向かっていると確信しているからではなく、ほかに行くべき道がないように見えるからです。

だれもが不安を感じ始めています。「自分たちが乗っている列車に運転手がいないなんてことはあるだろうか」と。列車の窓から見える景色はますます荒涼としてきており、列車の速度は速くなるばかり。このままでは山に衝突するか、崖から転落するのではないかという恐れが広がっています。

列車はすぐに止まることはできません。手遅れにならないうちに、私たちはスピードを落とし、自分たちの現在の居場所と目的地を確認しなくてはなりません。

かつて老子は「方向を変えなければ、今向かっている場所で終わってしまうかもしれない」と言いました。その言葉に私は賛同します。私たちは、自分たちの優先事項を再評価し、新たな目標を掲げ、計画を立て、行動しなくてはならないのです。

カテゴリー: その他 | 速度を落として、方向を見直そう はコメントを受け付けていません。